畜産品 ペットフード用畜肉の低温乾燥テスト2回目(牛、豚、鶏、鹿)とご利用者様の声|低温乾燥機・食品乾燥機のサンエー技研

  • TEL.0276-55-5281
  • 【営業時間】9時~18時【定休日】土・日・祝日

乾燥事例

畜産

畜産品 ペットフード用畜肉の低温乾燥テスト2回目(牛、豚、鶏、鹿)

  • before
  • after

前回に引き続き、畜産品の低温乾燥のテストになります。

内臓部分の乾燥も併せて行いました。乾燥が進行するにつれて特に内臓部分の表面の硬化が気になりましたが、乾燥出来ました。

ただ、豚や牛もそうですが脂分が多い物は、乾燥の進行が遅くなります。脂は乾燥しませんので…。

ペットフードのドライ製品はほとんどが熱風乾燥で大量生産をしていると思います。

付加価値を付ける為、低温乾燥で生に近い状態の物(匂い、成分等)を製造可能ですが、時間が掛かるというデメリットも御座います。

また、部位によっては、向き不向きも有ると思いますので生産性と品質を天秤に掛ける必要も生じてくると思います。

そのなかで、どちらも追及して理想になる様に弊社も努力させて頂き、弊社で出来うることはご協力させて頂きます。